2006年03月21日

スティック選び

 スティックを買う際にドラマーが気をつけることは色々あると思うのですが、最近、スティック選びの重要性を再認識させられました。


先日の演奏で買ってきたばかりの新しいスティックを使ったのですが、普段に比べてリムショットの失敗が多かったな…と自信喪失していました。

そして演奏後、使ったスティックを調べてみると…かなり反っていました!1〜2ミリ程。

演奏前に楽器屋に行き、急いで買ったスティックだったので、そこまでチェックしていなかったんですね。

なるほどこのせいだったのか!と思い、次のステージで別のスティックを使ってみると、いつも通りの手ごたえ。いやはや、安心しましたね〜



演奏の失敗を楽器のせいにするのは良くないですが、スティックが反っているとここまで演奏しにくいのか!ということを再認識しました。



スティックを買う際に気をつける点としては、他にも
・木目
・重さ
・ピッチ
などがあると思いますが、個体差がかなりあるようです。


また、メーカーによる差も大きいです。

例えば、同じ5Aのモデルでも、各社によってそれぞれ個性が違いますね。同じモデルのスティックで、プロマークとグレッチあたりを比較してみると、かなり個性が違って面白いですよ!


さらに、ステッィクの個体差にばらつきが多いメーカー、少ないメーカーがあるようです。


メーカーごとにスティックの個性が違うので、”スティックの個体差のばらつきが多いメーカーは良くない!”とは一概に言えません。

しかし、個体差の多いメーカーのスティックを買うときは注意が必要ですね!今回反っていたスティックも、個体差の多いメーカーのものでした。





さて、今回は私の失敗談から入りましたが、色々なスティックを試してみると、メーカーごと、モデルごとにかなり音色の違いが出て、面白いです。一度試してみてはいかがでしょうか!
posted by キナミ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バッキングにもストーリーを!〜ドラム編〜
Excerpt:      さて、今回は  歌のバックではドラムは  どんな気持ちで演奏しているのかを  単独インタヴュー!    バンド全体のサウンドの中で  ドラマーがどんなスト..
Weblog: これだからジャムは止められない!!
Tracked: 2006-03-23 15:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。